不動産投資でアパート・マンション経営

不動産経営に関する「不動さん投資」へようこそ

不動産に関する税金について

不動産の購入時・売却時など、それぞれに税金がかかってきますので、経費として考えておきましょう。

購入時にかかる税金

税の種類
区分
課税時期
備考
印紙税(国税) 契約時 請負契約・売買契約時
印紙税(国税) ローン契約時 金銭消費賃貸契約時
登録免許税(国税) 所有権保持登記 登記時 新築の建物の場合
所有権移転登記 課税時期 土地・中古の建物の場合
抵当権設定登記 課税時期 ローン設定した場合
不動産取得税 撮得時 土地・建物

売却時にかかる税金

分離長期譲渡所得

一定所得→所有期間が5年を超える土地建物など
特定所得→有料宅地の造成などのために譲渡した土地等
軽課所得→所有期間が10年超える居住用財産

分離短期譲渡所得

一定所得→所有期間が5年以下の土地建物など
軽減所得→国や公共団体に譲渡した土地など
※通常分離所得がかkります。税率は所有期間や不動産の利用方法などで異なり増すので、注意しておきましょう。

買い替えの時にかかる税金

不動産(居住用不動産・事業用不動産)を買い換えの時には、売却した時と違った方法によって課税額が算定されます。
居住用財産の買い換えの特例と、譲渡の際の3,000万円控除の併用はできません。それぞれの特例の詳細と適用条件を確認して、確実な有利の方法を選択する必要があります。

所有するとかかる税金

土地や建物等の不動産を所有した場合には、毎年固定資産税・都市計画税が発生します。新築住宅の場合では、一定期間の固定資産税が1/2になる特例措置があります。また住宅用地に対しては、一定の規模の範囲までは小規模宅地とし、固定資産税・都市計画税の軽減措置があり、 不動産関連の税金は、その時々の景気を調整する重要な政策となり、たびたび変動します。経過措置や時限立法もありますので、その都度詳細を確認し、自分が運用している物件と照らし合わせる必要があります。


Valuable information

東京都内でオススメの医学部予備校を大紹介!

(c)不動さんの投資 AllrightReserved.