不動産投資でアパート・マンション経営

不動産経営に関する「不動さん投資」へようこそ
不動産経営に関する「不動さん投資」へようこそ

不動産物件選び

投資物件は、丈夫さがイチバン大切です。あたり前のようなのですが、投資物件での建物に対する安全性以上に大事なものはありません。なかでも耐震性や強度などはとても気になるところで、信頼のおける専門家と相談して慎重に選ぶことがよいでしょう。
また、防犯などの周辺環境や地震、崖くずれ、河川の氾濫、津波など自然災害なども重要となるポイントとなります。 注意して選びましょう。

目的別な物件選び

現金収入の目的

より多くの安定した収入を、長期間得ることの目的で、対象物件の用途や立地利回りと、想定されるリスクをあわせ判断しましょう。

私的年金の目的

短期回収の目的ではないので、長期的視点で物件のニーズや間取りや設備などを考えましょう。また年金が必要な時期までの借り入れ金の返済が終了可能な価格の物件であるということは、大事な選択のポイントとなります。

節税の目的

不動産の課税評価を削除として節税する場合は別とし、所得税などの節税が目的の場合では、損益のコントロールや他の所得とのバランスなどを長期的に考え、確実に節税できるか慎重な判断が求められます。専門家に相談して、慎重に判断するとよいでしょう。

相続税対策の目的

色々な資産が対象となる相続税の対策は全財産を考慮して決めていかなくてはなりません。現在は不動産の評価を下げる、不動産に投資をして負債を増やしたりするケースが一般的です。うまく不動産投資を相続税対策の中に組み入れる事が必要となります。

資産形成の目的

資産形成の目的(教育資金・老後の資金・独立資金・相続税資金など)に応じた賃料の確保や、将来の売却の事などを想定し物件を選定しましょう。

覚えておきたいポイント

立地

目的に応じ、将来的に維持できるのが必要。事業用物件では会社状況の変化に、居住用物件では環境の変化にも対応出来ることが重要。

利回り

簡単に言うと、年間収益を購入価格で割ったもの。物件の種類や地域、立地等で平均的な利回りが想定できますが、利回りが高い場合には、リスクも高いのが一般的。 投資対象としてどの程度のリスクを受け入れられるかが重要。

管理

適正な維持管理体制では、資産を長持ちさせて費用を削減できる重要な要素。また付加価値が高い物件は、当然管理費も高くなるのが普通。 付加価値が将来的に有効なのかどうかもあわせてバランスを考えよう。

物件を選びの注意点

まずは、投資の目的を明確にすることが大切となります。住まいに求める価値感は、人それぞれ違います。自分にとっては良い物件でも、他の人にとっては良い物件かどうかはわかりませんので、これはケースバイケースと言えるでしょう。

まずは自分が不動産投資する目的(現金収入・私的年金・節税など)をしっかり見つめて臨みましょう。

お子さんの進学や受験など大変ですよね。
投資をしっかり行い、お金は準備万端で小学校受験等に望みましょう!


check

おすすめの合宿免許サイト

(c)不動さんの投資 AllrightReserved.